腰痛の原因や解消法についてのサイトです!

はじめに

腰痛

腰は何をするにも大事なところです。立つことや座ること、歩くことも走ることも、腰がないと全ての動作ができなくなります。
生活がなりたたないくらい重要な部位ですが、そんなものすごい大事なところと分かっていても痛めてしいます。
それでも、軽度の腰痛ですと数日で治ってしまうものが大半です。意外とあっさり治ってしまう場合もあるのですが、慢性的な腰痛になると治療が困難になっていきます。また、ただの腰痛と思っていたら思わぬ病気が隠れていたりするので注意が必要です。

このサイトでは腰痛の原因や治療法について説明していきます。
腰痛の原因はいろいろありますが、特定できる腰痛というのは少数で、大半の腰痛は原因を特定するのが難しいと言われています。とはいえ、腰に痛みがあれば軽い痛みであっても気になるものです。
何が原因なのか、どんな原因からきている腰痛なのか知ることにより少しでも痛みが解消されるに越したことはありません。それではまず腰痛の原因について見ていきましょう。

sponsored link

腰痛の原因

何か重いものを持ったとき、長時間座り続けたとき、腰が痛くなるなんてことは誰にでもあると思います。
人間はもともと四足歩行をする動物だったのが、進化していくにつれて二足歩行へと変わっていきました。二足歩行になった私たちはその進化の過程で腰を弱めることとなります。腰は体重を支えるのにもっとも負担のかかるところとなり、体を曲げたり伸ばしたりするとき、物を持ったりするときに腰に一番負担がかかります。それは私たちが普段背骨と呼んでいる脊椎(せきつい)に関係しています。 脊椎とは約30個の椎骨(ついこつ)と呼ばれる骨とその椎骨の間にある椎間板(ついかんばん)と呼ばれるクッションの役割をしているものからなっています。この椎骨や、椎間板になんらからの損傷や圧迫があるとそれが原因となり、腰に痛みがでます。
ですが、腰の痛みの原因はさまざまあり、これが原因で腰痛になったと分かるのは少数です。大半は痛みの原因が何かわからずに過ごすことが多いと思います。では、どんなことをすると痛みが起こりやすいのかいくつか例をあげていきます。

  • 1:長時間立ちっぱなしなことが多い
  • 2:長時間座りっぱなしのことが多い
  • 3:重い物を持つことが多い
  • 4:前傾姿勢になることが多い
  • 5:あまり歩かない
  • 6:お腹が太っている
  • レントゲンを撮ってみても分からないような腰の痛みは、上記のようなことが腰痛の原因になりやすいといえます。その他にも年齢を重ねることにより脊椎が劣化し、痛みが出たり、ストレスによっても痛みが出ることがあります。
    原因のわかる腰痛には「椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「骨粗しょう症」「腰椎分離症」などがあります。
    また、腰痛には内臓の病気が隠れていることが原因になっている場合もあり、注意が必要です。
    動かなくても腰が痛む、夜だけ痛む、しびれがある、排尿や排便の際に痛んだりと普通の腰痛とは違うようでしたら、他の病気の疑いがあります。
    腰はとても大事ですので、早めに病院へ行き原因を特定出来ればして、痛みを解消するようにしましょう。

    腰痛の種類

    腰痛の種類にはいくつかあります。
    腰への負担が原因となって起きているもの、腰そのものに問題があるもの、腰ではなく内臓などに原因や疾患がある場合などがあげられます。
    ここでは腰への負担が原因となっているものと、腰そのものに問題があるものをあげていきます。

  • 【ぎっくり腰】突然何かの拍子にグキっと腰に強烈な痛みが襲う症状。
  • 【椎間板ヘルニア】前屈みの姿勢で痛みがあり、ぎっくり腰から慢性的になることも。
  • 【腰部脊柱管狭窄症】腰の周りが重かったり、腰に違和感があり、歩くことや階段を降りたりするのが辛い。
  • 【骨粗しょう症】骨がもろくなり、腰椎が変型、骨折することにより痛みが伴う。
  • 【腰椎分離・すべり症】激痛ではなく加齢とともに腰に違和感があり、なんとなく痛い。
  • この他にもさまざまな症状で腰痛はおきます。腰痛には内臓の病気が隠れていることが原因になっている場合もあり、注意が必要です。動かなくても腰が痛む、夜だけ痛む、しびれがある、排尿や排便の際に痛んだりと普通の腰痛とは違うようでしたら、他の病気の疑いがあります。早めに病院へ行き診断してもらいましょう。

    sponsored link

    免責事項

    情報は正確なものを厳選してはおりますが、必ずしも正確性を有するものではありませんので、ご利用者様の判断にて取り扱うようお願いいたします。
    基本的にはお家で出来る簡単なケアを取り扱っていますので、急病、重病などの場合は掛かり付けのお医者様の診断を最優先にしていただきますようお願いいたします。
    万が一このサイトを利用されて損害、損失などトラブルが起きた場合でも当方は一切の責任を負いかねますので、何卒ご了承のほどお願いいたします。
    上記の内容をご理解したうえで当サイトをご利用いただきますようよろしくお願いいたします。