腰部脊柱管狭窄症について

sponsored link

腰部脊柱管狭窄症

ここでは腰部脊柱管狭窄症について説明していきます。
まず脊柱管とは腰椎内部の神経の通り道です。その脊柱管が何かしらの原因で狭くなり、神経を圧迫することにより腰の痛みを起こします。

主な原因としては年齢を重ねることによる加齢変化によって起きますが、もともと脊柱管が狭い方や、脊間関節や椎弓の形が異なる方にもよくみられます。

症状としては、腰痛、腰に違和感、はり、足のしびれ、間欠跛行(かんけつはこう)があげられます。間欠跛行とは安静にしているときにはなにもない人が、歩き続けていると足の痛みやしびれやが出て歩きにくくなったり歩けなくなったりし、しばらく前屈みで安静にしているとまた歩けるようになる症状を間欠跛行といいます。前屈みで安静にすると脊柱管の圧迫が緩くなり症状がなくなるため歩けるようになります。症状が重症化してくると歩ける距離も短くなっていき、ちょっと歩いただけでも症状がでてしまいます。
まずは神経を圧迫するような姿勢や動作をやめることです。脊柱管を狭くするような姿勢は神経を圧迫してしまうので、なるべく前屈みの姿勢にし、症状が出る前に休憩を取ったり、コルセットや杖、手押し車などを利用し無理な姿勢にならないよう心がけると症状は軽減されます。

治療の方法としては薬物療法や牽引療法、温熱療法にて治療します。それでも改善されない場合は手術をすることもあります。早めに整形外科に行き診断してもらうことが大事ですので、痛みを年齢のせいにせず悪化する前に治療しましょう。

sponsored link

免責事項

情報は正確なものを厳選してはおりますが、必ずしも正確性を有するものではありませんので、ご利用者様の判断にて取り扱うようお願いいたします。
基本的にはお家で出来る簡単なケアを取り扱っていますので、急病、重病などの場合は掛かり付けのお医者様の診断を最優先にしていただきますようお願いいたします。
万が一このサイトを利用されて損害、損失などトラブルが起きた場合でも当方は一切の責任を負いかねますので、何卒ご了承のほどお願いいたします。
上記の内容をご理解したうえで当サイトをご利用いただきますようよろしくお願いいたします。