骨粗しょう症について

sponsored link

骨粗しょう症

ここでは骨粗しょう症からくる腰痛について説明していきます。
骨粗しょう症という名前を聞いたことのある方は多いと思います。高齢者の女性に多くみられ、骨の密度が減少してしまい、骨がもろくなるという知識を持っている方も多いと思います。しかし、知識はあっても骨粗しょう症になっているという自覚症状がある方は少ないのです。気づいたときには症状が進行してしまい、骨折をしてから気づくこともあります。

骨粗しょう症からくる腰痛は、転んだり、何か重いものを持ったりと、何かの拍子で脊柱の一部が圧迫骨折し痛みを伴います。そのまま放置してしまうと骨折した周りの筋肉が緊張し、硬くなってしまうため痛みが慢性化してしまいます。

治療法としては、まずは骨折を治し、そこから骨粗しょう症の治療になります。骨粗しょう症の治療は主に薬物療法になります。病院で薬をもらい決められたとおりきちんと服用することにより改善されていきます。自分で出来る行いとしては食事では栄養を考え骨密度を増加させる栄養素、カルシウムやビタミンD、ビタミンKなどの多いものを摂取するようにしましょう。

最近では若い女性にも骨粗しょう症が見られることも多いようで、生活習慣や無理なダイエットにより栄養不足、あるいは運動不足により骨を支える筋肉も減り、骨粗しょう症になってしまいます。スタイルを気にしすぎて体をボロボロにしては意味がありません。まずは健康な体でいることを優先することが大事ですね。

sponsored link

免責事項

情報は正確なものを厳選してはおりますが、必ずしも正確性を有するものではありませんので、ご利用者様の判断にて取り扱うようお願いいたします。
基本的にはお家で出来る簡単なケアを取り扱っていますので、急病、重病などの場合は掛かり付けのお医者様の診断を最優先にしていただきますようお願いいたします。
万が一このサイトを利用されて損害、損失などトラブルが起きた場合でも当方は一切の責任を負いかねますので、何卒ご了承のほどお願いいたします。
上記の内容をご理解したうえで当サイトをご利用いただきますようよろしくお願いいたします。