腰椎分離症・すべり症について

sponsored link

腰椎分離症・すべり症

ここでは腰椎分離症・すべり症について説明していきます。
分離症には生まれつき症状がでやすい先天性のものと、運動により負荷が生じる後天性のものがあります。後天性の腰椎分離症・すべり症とは多くは10代の頃にスポーツを激しく行うことにより、成長期の腰の骨に負荷がかかり疲労骨折が繰り返され、それが悪化するとすべり症に進行していきます。

腰椎分離症になっても自覚症状がないことも多く、腰の痛みも長時間同じ姿勢でいたり、腰を後ろに反らせたり、ずっと立ちっぱなしでいたりすると痛みがでます。しかし、この症状が全ての人に出るわけではないので、そのまま運動を続けてしまう方もいます。分離すべり症になると慢性的な腰痛や下肢痛を起こすことが多くなり、歩くことによりしびれや下肢痛があらわれ、休むことによりまた歩けるようになる間欠跛行(かんけつはこう)になったりします。

治療法としては整形外科などにて腰部の型をとったコルセットを着用することにより骨癒合が期待できます。この他には薬物療法や理学療法、神経ブロック療法などがありますが、それらを行っても改善されない場合は手術になることもあります。腰椎分離・すべり症は症状が軽度であればそこまで心配する必要はありません。重度になる前に気づくことが大事ですので、鈍い腰の痛みが続くようでしたら一度病院へ行き診断してもらいましょう。

sponsored link

免責事項

情報は正確なものを厳選してはおりますが、必ずしも正確性を有するものではありませんので、ご利用者様の判断にて取り扱うようお願いいたします。
基本的にはお家で出来る簡単なケアを取り扱っていますので、急病、重病などの場合は掛かり付けのお医者様の診断を最優先にしていただきますようお願いいたします。
万が一このサイトを利用されて損害、損失などトラブルが起きた場合でも当方は一切の責任を負いかねますので、何卒ご了承のほどお願いいたします。
上記の内容をご理解したうえで当サイトをご利用いただきますようよろしくお願いいたします。